地黒の美白

シミのメカニズムとして知っておくべきは、メラニン色素の発生と肌の生まれ変わりつまりターンオーバーについてです。

 

肌というものは刺激に対し、肌を守ろうとしてメラニン色素が生まれます。

 

ターンオーバーとメラニン

肌の正常なターンオーバーがなされている場合、28日周期で肌は生まれ変わりを繰り返します。皮膚の表皮は4層構造になっていて、最深部で生まれた細胞は形を変えながらどんどん表面に押し上げられていき、細胞として死んだ状態で角化細胞となります。

 

30代の美白ケアのポイント

 

この細胞は新しい細胞に押し上げられ表面に上がり、最後は垢となって自然にはがれ落ちる仕組みです。ですので、メラニン色素が生まれたとしても、肌のターンオーバーが正常であれば28日後には剥がれ落ちてシミにはなりません。

 

つまりシミを作らないためには、原因であるメラニン色素を発生させないことと、ターンオーバーを正常に保つことが必須になります。
私は10代の頃からシミ対策を徹底してきました。

 

30代になってからシミに悩まないために

 

30代の美白ケアのポイント

 

まずは紫外線を浴びないこと。紫外線は肌を傷つけメラニン色素を活性化させ色素沈着を引き起こしやすいものです。シミの最大の天敵と言っても過言ではないように思います。とは言え、日光に当たって体内で生まれるビタミンDなどの大切なものもありますから、紫外線を全く浴びないのではなく、日焼け止めを塗って対策しました。

 

 

ポイントはこまめに塗りなおすことです。室内にいるだけの日も紫外線は窓から差し込んでいますし、曇りの日も紫外線は降り注いでいますので、きちんとデイリーケアで習慣化していました。

 

ターンオーバーを健やかに保つために、スキンケアにもこだわりました。

 

30代のシミを薄くするために

30代になると、どうしても肌のターンオーバーの周期が遅くなってしまいます。このターンオーバーが遅くなるというのは年齢によって仕方ないことです。

 

しかし、その少ないターンオーバーを大切にすることで 、肌の奥に残ってしまったメラニン色素などのシミの元を、しっかり排出することができます。

 

それには 、メラニンの排出も当然ながら、メラニンの生成を抑えることが大切です。

 

こちらの30代に向けての美白化粧品のサイトを参考すると、こちらのケアをしっかり推奨しています。

 

洗顔は泡で洗い、20度程度のぬるま湯で念入りにすすぎ、タオルを押し当てこすらないといったような、肌に刺激を与えないことを極力心がけます。

 

スキンケアは保湿を主軸にしたものを徹底しました。乾燥や角質が硬くなることもシミの原因の1つですし、ニキビなども跡になることで色素沈着しシミに変わりますので柔らかな肌を保つよう心がけました。
美白アイテムを使うのも1つの方法です。ビタミンC誘導体の含まれた美容液などは、すでに出来てしまったシミのみならず、シミの予防にも効果があるからです。

 

他にも睡眠不足や偏食もシミを作りやすい肌環境を誘発してしまうので、規則正しい生活・バランスの良い食事・ストレスをためないこと、完ぺきにこなすのは難しいことですが、極力努力し続けました。
その甲斐あってか30代を迎えた今も、シミの悩みはまだありません。

 

  • メラニン色素を作らないこと
  • 肌のターンオーバーを保つこと

 

この2つは本当におススメのシミ予防です。